緑色の髪の…(以下略)

趣味の釣りについて、日記感覚でまったり。最近はエリアトラウトメイン。@kixxsixでTwitterしてます。

ベリーパークin小山でチーマス祭り…悩ましい。

おはこんばんちは。

まことです。

 

昨日は程よく晴れて釣り日和♪♪

アングラーは何かしらの釣りに出かけたのではないでしょうか??

今回もトラウトを釣りに出掛けたのですが、やや批判的というか、愚痴っぽい内容の記事になってしまいましたので、お読みになるのはあまりお勧めできません…泣

 

事の起こりは…

 

「11月になったらトラウトに行こう!」

…と以前よりすえPさんと約束をしておりまして…Xdayが日に日に近づく今日この頃…

すえPさんは初めてエリアトラウトに挑戦するということなので、釣らせてあげたいのはもちろんのこと、釣り経験としても良いものにしてあげたい!

どこへお連れして良いものか、ものすごく悩んでいたのです。

 

確実に釣果を出すためにはオープン直後と夕まずめ時は外せません。

しかし、電車釣行でオープン直後を狙おうと思うと、始発に乗る必要があるため、すえPさんへの負担が大きい…

夕まずめ時を狙うにしても、殆どの管釣りは冬営業に移行しているのでまずめ時は短くなっています…

 

そこで、候補に上がった管釣りは…

ベリーパークin小山。

移動に時間はかかりますが、18時まで営業していますし、以前行った時にそこそこ活性が高く簡単そうなイメージが、あったのです。(あと、休日も人が少ない。)

 

ということで、事前調査のために行ってみることに。

(実は弟が栃木に住んでいるので、彼と呑むついでなんですが…)

 

12時10分に現地着。

小山駅から徒歩で20分ほどでした。

 

9月の頭に一度訪れたんですが、なぜか以前よりも狭く感じました。

トラウト用のルアーで飛距離を出すコツもわかってきたので、狭く感じるようになったのかもしれません。

以前訪れた時はルアーマンばかりだったんですが、今回はフライの人しかいない模様。

 

ここの池は非常に浅く、池の中央部に1m〜1.5mくらいの深場がありますが、岸から15mくらいの範囲は水深70cmくらいのシャローエリア。

沖にクランクを投げてシャローからミッドレンジを攻めるか、マイクロスプーンで手前を狙うか、2つの戦略が良さそうだと感じました。

水温は16℃。

手前の魚の活性を見るために、いきなり軽いスプーンを投入します。

大好きなオフィスユーカリの「心」0.7gの青銀。

魚の量は多くはありませんが、やはり心には反応が良いです。

乗せきれないバイトやバラしでややスレたので、10投でカラーチェンジ。

メタリックグリーンに変えてファーストフィッシュ。

f:id:kixxsix:20171104221405j:image

25cm前後のチーマスです。

その後も、マイクロスプーンで表層を攻めますが、キャストできる範囲に魚がいなくなってしまったため、クランクでの攻めに変更。

魚影が薄いので、魚の溜まっているところへピンポイントでキャストしトロ巻きをすると高確率でバイトはありますが、クランクゆえのフッキングの悪さと食いの浅さでフラストレーションが溜まります。

コンスタントに魚は釣れますが、かかる魚は小さい個体のみ…。

 

パッと見た感じ30cmを超える魚を見つけることができないので、クランクはやめて重めのスプーンで沖の深場を狙ってみることに。

 

3g前後のスプーンを池の中心にある噴水に向かってキャストし、やや沈めてから早めのリトリーブ。

それでも釣れてくるのは25cm前後…

周りのアングラーも30cm以上の魚をあげている感じはありませんし、小さいマスが多いフィールドのようです。

 

惰性で釣りを続けていると16時ごろに雨が降り出し、かなりテンションがダウン…

 

雨宿りのために一旦屋内で休憩をしたんですが、初めてエリアトラウトに来た2人組が釣れていないみたいで、スタッフさんといろいろ話をしていました。

スタッフさんのお話を聞いていると、「スプーンは100枚揃えて最低レベル。ルアーは1000個持ち込むのが普通。」だとか、「トラウトは難易度が高いから感度の高いロッドとリールが無いと難しい。」みたいなことを仰っていました。

釣具屋さんでよく居ますよね…こういう人…

言いたいことはわからなくは無いんですが、初心者に優しく無いというか…せっかく初めてのエリアトラウトに自分のエリアを選んでもらっているのに、ビギナーさんを下に見ているというか…。わたしもトラウトを初めて数ヶ月なので、あまり聞いていて気分の良いものではありませんでした。

 

雨は30分ほどで止み、釣りを再開。

 

先程スタッフさんとお話をされていたビギナーさんはスプーンを3枚ほどしか持っていないようだったので、釣果の出ているクランクベイトをお貸しすることにしました。

蛍光ピンクのパニクラと赤金のつぶアンをお貸ししました。(各5匹くらい釣れているものをお貸ししました。)

 

わたしのトラウトデビューには後輩Sくんのサポートがありましたし、釣れなくて悩んでいた時にベテランさんに釣り方を教わったり、ルアーを貸していただいたりしたので、わたしも何かできないかと思ったのです。

 

17時前には完全に暗くなり、蛍光スプーン・幽我・フラッタースティックでほぼワンキャストワンフィッシュ。

残念ながら30cmにかする魚が数匹混ざる程度で、殆どが20〜25cm…1匹でもいい魚が混じってくれるとやる気も出るのですが、やはり小さい魚がメインのようです。(雨宿りの後にイケスの様子を見てみたのですが、20cmくらいの魚が多かったです。)

 

一応閉店時間まで釣りは可能なんですが、釣りの後に弟と宇都宮で合流する予定がありましたし、テンションも下がってしまったので20分ほど早めに切り上げることにしました。

昼過ぎから初めてナイターっぽい時間も含めて40匹くらいの釣果でした。

 

正直、すえPさんと一緒に来るのは止めにしようと思っています。

確実に釣れせてあげることはできると思うので、悪い釣り場では無いと思うのですが、わたし個人の好感度が…。

 

帰りの電車の中で以前より苦悩する羽目になってしまいました。

 

そういえば!!

ルアーをお貸ししたビギナーさん2人組ですが、お貸ししたルアーで2人ともトラウトをゲットすることができたようです♪♪(ルアーを返していただく際に教えてもらいました!!)

1人1匹ずつだったようですが、とにかく釣れてくれて一安心です。

 

以上、かなり愚痴っぽい内容になってしまい、気分を悪くされた方もいらっしゃるかと思いますが、ベリーパークin小山でのトラウト釣行でした。

 

では、また。